<商品情報>初吞切「純米大吟醸 無濾過原酒」をシリアルナンバー入り数量限定にて販売開始

2022.05.26

神奈川県秦野市に蔵を構え創業154年を迎える株式会社金井酒造店(代表取締役社長:佐野博之、神奈川県秦野市 以下当社)は、2022年5月26日(木)より「初吞切(はつのみきり)無濾過原酒(純米大吟醸 無濾過原酒)」を数量限定にて販売開始いたしましたことをお知らせいたします。

初吞切無濾過原酒(純米大吟醸 無濾過原酒)」は今年5月の蔵行事「初吞切(はつのみきり)」で好評だった仕込みタンクの純米大吟醸酒を、貯蔵タンクからだしたまま、濾過せず(無濾過)加水せず(原酒)本数限定で瓶詰いたしました。

 醸造された日本酒は貯蔵されて熟成されますが、この貯蔵されたタンクに原酒を抜き出すための貯蔵タンクの栓である「呑み口」を切り、貯蔵している酒の品質をチェックして熟成の方向性や品質を確認する行事が「呑切(のみきり)」です。そしてその年初めての呑み切りを「初吞切」といい、その年の清酒の品質を確認する重要な行事となっています。

 出荷時期の調整等、品質管理においても大切ですが、手間暇かけて育ててきたお酒に出会え大変緊張する、また喜びを感じる瞬間でもあります。市販品では味わうことのできないこのひとときを、ともに感じながら味わっていただきたく、シリアルナンバーをつけて限定販売いたします。

 常温でふわりと、または冷やしてキリっと。季節を感じながらご賞味くださいませ。

※酒質が変化しやすいため、なるべく低温でひやして保存してください。

  • 初吞切無濾過原酒 商品詳細
正式品名 白笹鼓 純米大吟醸 無濾過原酒

日本酒度 +6
アルコール度数 15度以上16度未満
原材料名 米(兵庫県産 山田錦)、米麹(国産米)
内容量 1800ml、720ml、500ml

 白笹鼓 純米大吟醸 無濾過原酒 商品ページへ