金井酒造店について

神奈川県秦野市の日本酒酒蔵金井酒造店(かねいしゅぞうてん)の酒造りの風景

金井酒造店(かねいしゅぞうてん)は、明治元年(1868年)創業。

神奈川の屋根、表丹沢のほとり秦野から歴史は始まった。

秦野の地酒を代表する神奈川県秦野市唯一の日本酒酒蔵。

四代目蔵元佐野秀郎は、従来の酒造りを一新すべく、杉山晋朔氏(東大醸造学教授)の指導のもと杜氏に越後杜氏木曽久平を起用、現金井酒造店の基礎を築き、関東一円の人々が商売繁盛や豊作を祈願した「白笹稲荷」にちなんだ銘柄で、「白笹鼓(しらささつづみ)」を生みだした。

詳細